――――――

書評 小島慶子 『ホライズン』~海外在住の日本人女性の「村」を 描く

2017年8月2日

文・広瀬直子 見てみないふりをしていたものを、見せられた・・・。というのが正直な感想である。 『ホライズン』は、英語圏の都市(オーストラリアの西海岸と思われる)に住む日本人の女性―研究者の妻の真知子、商社マン妻の宏美と郁子、和食シェフの妻の弓子という、駐在員妻や移住者の妻4名―による語りを交差させて、彼女らの心理模様を繊細に描く小説だ。 MORE

最低賃金15ドルは実現するのか?

2017年7月7日

文・空野優子 オンタリオ州議会が夏休みに入る直前の5月30日、キャサリン・ウィン・オンタリオ州首相は、州の最低賃金を大幅に引き上げ、またその他の労働基準を改定する新法案を政府として提出すると発表した。 MORE

マルティカルチャー精神を育む教育 

2017年5月1日

文・ケートリン・グリフィス トロントの公立小学校に通っている娘の課題の一つに「祖先を調べる」があった。これは6年生のソーシャル・スタディー(日本では「社会」になるのだろう)の一環でトロントの全公立小学生が行うプロジェクトだそうだ。 MORE

日本人女性に警鐘③~国際婚活・結婚、そして・・・

2017年4月2日

文・広瀬直子 「日本人女性に警鐘」シリーズの最後に、日本人女性とカナダ人男性の国際結婚の闇の部分に照準を当ててみようと思う。今回も、日系人・日本人を対象にしたカウンセリングなどを行っている慈善団体ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(JSS)でカウンセラーを務める公家孝典氏の話を引用しながら書くことにする。 MORE