多文化主義 Multi-Culturalism

二年の歳月を経て翻訳本「希望の国カナダ・・・ 夢に懸け海を渡った移民たち」完成

2017年8月15日

文・サンダース宮松敬子 思い起こせばそれは三年程前の5月末のことで、カナダの中央に位置するオンタリオ州のトロント市から最西端のBC州の州都ビクトリア市に国内移住してから迎える初めての夏であった。乾期であるこの季節は、来る日も来る日も青空だが、暑過ぎることは殆どなく25~26℃位が平均気温で空気はあくまでも爽やか。言いようもなく清々しい日々であったことが忘れられない MORE

「エスニック・アイデンティティの変遷」~またひとつの節目をきっかけに考える

2017年6月25日

文 ・ 嘉納もも・ポドルスキー 先週末、夫と二人で次男Sの大学の卒業式に出席するため、ノヴァ・スコシア州のハリファックス市に向かった。 「このあいだ入学式に付き添ってここに来たと思ったら、もう卒業だなんて」というありふれた、しかし正直な感想が脳裏に浮かぶ。本当に四年の月日はどこに飛んで行ってしまったのだろうか。 MORE

彼はクリスマス・イヴに両手の指を失った。そして5月に得たものは・・・

2017年6月12日

文・斎藤文栄 ウィニペグの属するマニトバ州の冬の寒さについては何回か書いているが、その極寒の冬の夜に、徒歩で米国のノース・ダコタ州からマニトバ州に渡ってくる人たちがいる。1月には19人だったが、2月には142人と急増した。寒い時はマイナス30度以下にもなる厳冬期に、なぜ徒歩でカナダに渡ってくるのだろうか。 MORE

マルティカルチャー精神を育む教育 

2017年5月1日

文・ケートリン・グリフィス トロントの公立小学校に通っている娘の課題の一つに「祖先を調べる」があった。これは6年生のソーシャル・スタディー(日本では「社会」になるのだろう)の一環でトロントの全公立小学生が行うプロジェクトだそうだ。 MORE

日本人女性に警鐘③~国際婚活・結婚、そして・・・

2017年4月2日

文・広瀬直子 「日本人女性に警鐘」シリーズの最後に、日本人女性とカナダ人男性の国際結婚の闇の部分に照準を当ててみようと思う。今回も、日系人・日本人を対象にしたカウンセリングなどを行っている慈善団体ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(JSS)でカウンセラーを務める公家孝典氏の話を引用しながら書くことにする。 MORE