社会 Society

ジェネヴィーヴ・タッピングとの出会い

2021年1月15日

文・ケートリン・グリフィス 前回の記事で、エラおばあさんのスクラップ・ブックにあった矢嶋楫子さんの1921-1922年 のアメリカ訪問時に配布された(と思われる)「平和メッセージ」のパンフレットに基づいて書いた。今回はその時に矢嶋さんの通訳として共に行動していたヘンリー・タッピング夫人(Mrs. Henry Topping)について報告をしたい。(注1) 矢嶋さんの1921年アメリカ訪問時の記事を MORE

カナダの冬を初体験?!

2021年1月2日

文・空野優子 新型コロナウイルスは2020年秋に入ってまた感染が広がり、11月末からトロント周辺ではレストランや商店が閉まるロックダウンの状態に再度なり、クリスマス直後の26日からはこの制限がオンタリオ州全域に拡大された。 MORE

「老いらくの恋」

2020年12月20日

文・サンダース宮松敬子  平均寿命  表題のこんな言葉を知っている人は、それなりに歳を重ねていることと想像する。筆者もその一人だが、言葉自体は知っていたものの、その由来となると定かではなかった。 MORE

コロナ禍の中迎える2020年師走

2020年12月11日

文・三船純子 コロナ禍の第二波が世界中に蔓延する中、オンタリオ州の感染数も増加を続けている。感染数の最も高いトロントやトロントの西隣のピール行政区は、2週間前から再度のロックダウンになった。これからやってくる長くて暗い冬を目前にしてのロックダウンには、誰もが落胆したはずだ。 MORE

ふたつの拠点「ダブルローカル」〜新時代の暮らし方

2020年11月19日

文・野口洋美 1991年、私はカナダに移住した。以来30年間、私は、カナダから日本へ向かうことを「日本に帰る」と呼び、日本からカナダに向かうことを「カナダに帰る」と呼んできた。 私には帰る場所がふたつあった。けれどもそれは、生活の場がふたつあったわけではない。仕事や子育てをする生活の場はカナダであり、家族を訪れ、休暇を過ごすのが日本だったのだ。 MORE