空野優子 Yuko Sorano

ジャパニーズ・ソーシャル・サービス

2019年9月2日

文・空野優子 トロントには、ジャパニーズ・ソーシャル・サービス(Japanese Social Services、以下JSS)という団体がある。JSSは、主に日本語圏出身の移住者や短期滞在者のために、子育てサポート、シングルマザーのサポートグループやシニア向けのプログラム、また日本語でのカウンセリングを提供している非営利組織である。慣れない現地の生活での様々な問題や、別居・離婚やDV(家庭内暴力) MORE

自分の道を、自分のペースで決められるということ

2019年4月2日

文・空野優子 私は今ヨーク大学というトロント市内の大学で、大学院生の研究サポートをするポジションについている。日々多くの学生と接する中で実感するのは、こちらの学生はバックグラウンドがとても多様だということである。世界中から移民の集まるトロントならでは、人種・民族の多様性はもちろんなのだが、それに加えてやってくる学生の経験や年齢層が幅広いのである。 MORE

サーロー節子さんの言葉を心に留めて

2018年9月10日

文・空野優子 私たちGroup of 8による初の公開イベントであるサーロー節子さんをお招きしての講演会・ドキュメンタリー上映会は8月の3連休の中日の開催だったにもかかわらず、約200名が参加者し成功裏に終わった。 MORE

これから大きく変わる(かもしれない)オンタリオ州での子育て

2018年5月2日

文・空野優子 オンタリオ州では今年6月7日に州議会選挙が行われる。連邦制をとっているカナダでは、教育、医療、労働など、生活に身近な分野は州政府の管轄となっており、選挙でどの政党が政権をとるのか、関心が高い。今回は選挙戦のニュースの中でも、子育て支援に関する政策をみていきたい。 MORE

2018年から変わるオンタリオ州の労働法

2018年1月1日

文・空野優子 2017年5月の記事でオンタリオ州の労働基準法と労働組合に関する法律の改正が審議されていることを書いたが、この法案は2017年11月27日にBill 148, The Fair Workplaces, Better Jobs Actとして成立した。 最低賃金が上がることに注目が集まっているが、この法律はもともと、契約労働、派遣労働の増加などの働く環境の変化に伴い、今の時代に即した改正 MORE