野口洋美 Hiromi Noguchi

究極の終活:遺言と家族関係

2022年3月15日

文・野口洋美 相続問題で家族関係がギクシャクすることはめずらしくない。  母の死後、複雑な相続を経験した私は、遺言書の作成こそ「究極の終活」だと学んだ。そこで私は、カナダと日本でそれぞれ、裁判所の検認を必要としない「公正遺言書」を作成し、どちらにも「カナダの財産はカナダの遺言に従い、日本の財産は日本の遺言に従って分割する」旨を明記した。 MORE

デジタル世代のオリジナル?

2021年8月24日

文・野口洋美  1年半ぶりに長野県白馬村からカナダ、オンタリオ州に戻ってきた。  2021年8月のカナダでは、新型コロナウイルス感染症防止のための水際対策が次々と緩和され、ワクチン接種を2回終えていた私たち夫婦は、カナダ政府が入国者に課していた3日間のホテル滞在も、14日間の自宅待機も免除された。 MORE

「わきまえる」処世術?

2021年3月15日

文・野口洋美 森義朗元首相(83)は、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長という自身の立場をわきまえない発言によって辞任に追い込まれた。 日本オリンピック委員会の評議員会に女性を増員することに対する森氏の感想を私は発言の翌日のニュースで耳にした。 MORE

ふたつの拠点「ダブルローカル」〜新時代の暮らし方

2020年11月19日

文・野口洋美 1991年、私はカナダに移住した。以来30年間、私は、カナダから日本へ向かうことを「日本に帰る」と呼び、日本からカナダに向かうことを「カナダに帰る」と呼んできた。 私には帰る場所がふたつあった。けれどもそれは、生活の場がふたつあったわけではない。仕事や子育てをする生活の場はカナダであり、家族を訪れ、休暇を過ごすのが日本だったのだ。 MORE