セクハラ

#MeToo in カナダ

2018年2月11日

文・斎藤文栄 昨年秋、女優のアリッサ・ミラノさんのTwitterの呼びかけから始まった「#MeToo(私も)」は、あっという間に一大ムーブメントとなり、世界中で性暴力による被害者が声を上げるきっかけを作った。もともとハリウッドの大物プロデューサーによるセクハラ・性暴力事件がきっかけとなった一連の#MeToo、そしてTimes Upムーブメントは、エンターテイメント界や政界など MORE

日本人女性に警鐘 ②~カナダでブラック労働、そしてセクハラ

2016年7月31日

文・広瀬直子     「最低賃金を優に下る低い時給で雇われ、チップはすべてお店に渡さねばならない。店長や客にセクハラすれすれのことをされても黙っているしかない―ビザがないから」 正式な労働許可なしにカナダで「ジャパレス」(=和食レストラン)のウェイトレスをしていた日本人女性のA子さんから筆者が以前に聞いた話である。 MORE

日本人女性に警鐘①~住居の賃貸

2016年3月31日

文・広瀬直子     ワーキングホリデーや留学でカナダにやってくる日本人の若者の誰もが最初は、英語をしっかりと身につけて、それを糧に国際的で豊かな人生を送りたいと、胸を膨らませていることだろう。 MORE

95%の沈黙

2016年3月1日

文・斎藤文栄    ここ数週間、カナダのワイドショー的なニュースとして話題となっているのが、元CBC(カナダ国営放送)のラジオ番組Q(キュー)の人気パーソナリティーだったジアン・ゴメシ(Jian Ghomeshi)氏の性暴力裁判だ。 ジアン・ゴメシといえば、人柄の良さそうな声と時事問題からエンターテイメントまでこなせるスマートなインタビューで「Q」を超人気ラジオ番組に MORE