WRITERS

ネイティブスピーカーの英語習得 by 空野優子 (2011年11月)

2011年11月27日

私はトロントにあるAlexandra Park Neighbourhood Learning Centreというコミュニティセンター(日本でいう公民館、図書館、市民体育館、市民プールを全部一緒にしたような施設)の成人向けの英語識字教室で教えている。 生徒さんのバックグラウンドは様々だが、たいていの人は英語を第一言語として生活していて、諸々の事情により義務教育を終えられず、大人になってから英語の読み MORE

国勢調査に対するカナダ政府の新方針 by サンダース宮松敬子(2011年10月)

2011年11月25日

世界の多くの国では、国勢調査というものを数年ごとに行なっているようだが、これは国のあり様を示す大きな指針となる。カナダは前回が2006年だったことで、今年2011年がその年に当たる。 この国は外国からの移民が多いため、調査に使われる言語は英・仏の公用語以外に20カ国の31言語が用意され、加えて、先住民の11の異なった言語での回答が可能である。 MORE

英語圏トロントの「エイゴ」by 広瀬直子  (2011年10月)

2011年11月25日

ある日、私が 買い物をしていたトロントのスーパー(中国系向けのスーパーではなく白人のお客が多いところ)で、中国人のおばちゃんがギョウザの試食販売をしていた。英語ネイティブのカナダ人がたくさん買い物をしているスーパーで、おばちゃんはこう叫んでいた。 「China dumpling, 2 for 5 dollar, bely good, bely chip.」(中国、ギョウザ、2つ5ドル、とってーもお MORE