SUBJECTS

自分の道を、自分のペースで決められるということ

2019年4月2日

文・空野優子 私は今ヨーク大学というトロント市内の大学で、大学院生の研究サポートをするポジションについている。日々多くの学生と接する中で実感するのは、こちらの学生はバックグラウンドがとても多様だということである。世界中から移民の集まるトロントならでは、人種・民族の多様性はもちろんなのだが、それに加えてやってくる学生の経験や年齢層が幅広いのである。 MORE

法律婚vs.事実婚: カナダ、オンタリオ州の場合

2019年3月17日

文・野口洋美 1991年にカナダに結婚移住した私は、長い間国際結婚問題に関わっています。出版や大学院での研究を経て、2015年には、離婚した日本人移住者女性のサポートグループを設立しました。そして現在は、家族法専門の法律事務所で日本人の離婚案件に携わっています。 MORE

朝の食卓で「鮭の産卵場所」について考える

2019年3月6日

文・嘉納もも・ポドルスキー トロントでは現在、The Last Ship というミュージカルが上映されている。かつてThe Police というバンドでリード・ボーカリストを務めていたスティングが作詞作曲を担当したことで話題を集めた作品。トロントでの公演は全て、スティング自らが主演するのも売り物になっている。 MORE

クアイアー!クアイアー!クアイアー!

2019年2月21日

文・斎藤文栄 だいぶ前から書こうと思っていて書きそびれていたChoir! Choir! Choir! (クアイア!クアイア!クアイア!)が最近、City Newsで取り上げられていたので、この機会にG8で紹介しておきたいと思う。[i] Choir! Choir! Choir!は長いので、彼らが使っている略称C!C!C!で話を進めるが、C!C!C!とは2011年にDaveed Goldman とNo MORE