災害支援に女性の視点を!

2022年7月25日

文・野口洋美 「1日1個じゃ足りないのかもな」「そうかもしれませんね」 被災地に送る支援物資を仕分けしている職員たちの会話だ。寝そべって雑誌をめくっていた私は、つけっぱなしになっていたテレビから流れてきたこの会話に、雑誌を投げすて仰け反った。 MORE

「ドラえもんへのリクエスト」

2022年7月10日

文・嘉納もも・ポドルスキー 昨年の2月、コロナ・パンデミックの真っ最中に意を決して日本に向かった。本来ならばそのような大掛かりな移動は避けたい世界状況だったが、当時一人暮らしをしていた母が体調を崩し、あまりにも切羽詰まっていたので助けに行くことにしたのだ。 MORE

日本の学校の制服を考える

2022年6月1日

文・鈴木典子 今年2022年の4月7日は、日本の多くの高校で入学式が行われたが、その中で注目を集めたのがさいたま市の大宮北高等学校だ。新入生の制服の色やデザインがバラバラだったのだ。 MORE

1920年代に日本を訪れた曽叔父母

2022年5月16日

文・ケートリン・グリフィス 前記事で私の曾叔父オースチン・グリフィス (1863-1952)のシアトル日系コミュニティーとのつながりについて紹介した。ワシントン州上級裁判所判事であった彼の書籍がワシントン大学図書館にあるが、デジタル版ではない為、直接大学を訪れないかぎり彼の資料の閲覧は残念ながらできない。 MORE